血糖値を下げるために行う食事改善は医療機関の指導が必要

血糖値は食前だけではなく、食後にも高くなることがあるので注意が必要になります。どちらかが高い場合でもダメなために食事などの改善をしていくことが重要なのです。この場合に求められるのが、規則正しい食事をすると共に量なども気を付けて食べ進めていくことが大切です。特に今まで暴飲暴食をしていた方が急に減らすことで栄養が足りなく、生活にも支障が出てしまうことがあります。

しかし血糖値を高くしないための食事も必要なりますので、最低限度の栄養は必要となるために自己で考えたレシピではなく、医療機関が考案したものにすることが大切になります。また、血糖値の問題は食べる時間や空腹時間などにも影響があるために、時間なども医学的に判断をしてもらい、十分に気を付けながら食事が出来るようにしていくことが重要です。

血糖値は食前と食後双方共に重要ですが、食事を改善するにしても医療機関に相談をして決めていくことで健康状態を取り戻すことが出来るようになります。

 

中性脂肪と肝臓の関係性

中性脂肪が多いから家庭での栄養管理をしっかりやらないとなどの話をする時があります。中性脂肪とは、3種類の脂肪酸とグリセリンが結合されたものです。脂肪と聞くと体に悪いというイメージがありますが、全ての脂肪が体に悪い訳ではありません。脂肪酸の種類を見ると、一価不飽和脂肪酸は悪玉コレステロールを減少させる作用があります。

多価不飽和脂肪酸は、心疾患のリスクが軽減できると言われています。この2つの脂肪酸は良い脂肪酸だといえます。中性脂肪が蓄積される流れは、食事により体内に取り込まれた中性脂肪はリパーゼの作用で、脂肪酸とグリセリンに分解され小腸に吸収され、小腸壁で中性脂肪に合成されます。そこから全身の皮下脂肪や内蔵脂肪として蓄積されます。

蓄積された中性脂肪は、エネルギーが不足した部分があると脂肪酸とグリセリンに分解されて送られます。この時に余った物質は、肝臓に送られてまた中性脂肪に合成されます。この流れが繰り返し体の中で行われているので、肝臓と中性脂肪には密接な繋がりがあります。

脂肪肝が気になる時は脂肪肝サプリのおすすめベストランキング:成分で比較するのが普通ですが、その前に現在摂取している脂肪の質や運動をしているのかどうかを先に確認してみましょう。