今は配偶者貸付を適用できるキャッシング会社は多いので専業主婦でも申込しやすくなりました

消費者金融のキャッシングは、銀行や信用金庫ほど審査通過の必須条件が複雑ではないため、パートやアルバイトに従事してるフリーターでも抜群の借りやすさが人気です。又、大手と呼ばれる消費者金融には初回利用に限り30日間無利息というオプションも用意されてるので、少額でも利息を気にせずキャッシングできる利点もあります。

ただ近年の貸金業法の改正で総量規制という法律が初めて発布され、これにより未回収の債権をできるだけ無くすため、収入ゼロの失業者や専業主婦は借入できなくなりました。しかし総量規制法の特例として配偶者貸付という制度も設けられるようになり、夫の年収も合わせて3分の1以下の借入なら、指定書類を提出する条件で専業主婦にも少額融資が可能になりました。

ちなみに配偶者貸付を適用して貸金業者から融資を受けるには、配偶者の収入証明書の他に同意文書、そして婚姻証明になる戸籍謄本も揃えて提示する必要があります。何通もの証明書類を提出しないと専業主婦は原則借入できないデメリットがありますが、銀行カードローンであれば総量規制外なので夫にも内密でキャッシング手続きできる場合があります。

主婦キャッシングに定評のある会社の銀行カードローンを選べば、夫の職場への在籍確認や所得証明は提出不要で審査にパスできる可能性が高いので、公式ホームページの申込要綱をよく確認してから手続きする事をお勧めします。

 

急いでお金を借りたいときのキャッシングの選び方

キャッシングに申し込みをして急いでお金を借りようと思っているならば、それぞれの会社の申し込み手続きの流れを一通り確認してできるだけ早く借りれるサービスを選ぶように心がけましょう。 素早くお金を借りるためのコツとしては、キャッシングの商品説明の中から「最短30分で審査結果回答」「契約後最短即日で利用可能」などのキーワードを探すことです。

キャッシングするためのカードを発行せずインターネット上の手続きで借り入れや明細照会ができるサービスを選ぶのも一つの方法です。即日融資キャッシングの審査に合格した後カード発行を行う場合、自宅に到着するまで何日か待たなければなりませんので実際にお金を借りるまで時間がかかってしまいます。振込融資ならば契約完了したその日から利用できる場合が多いですので素早い借り入れができます。

マイカーローンや住宅ローンなどとは違い限度額の範囲内で自由に追加で借り入れができるのが魅力のサービスですのでお金の借り入れ方法の利便性が高いかどうかもチェックしてから申し込みをしましょう。